お金に嫌われないようにレストランで食事をしました

ウィンドウショッピングのお昼に、久々にレストランで食事をしました。

以前はファーストフードで済ましたり、スーパーのお弁当を、店内の休憩所で食べたりしていました。

その度に「安く済ませられて得した」と思っていました。

けれども、あんまりケチっているとお金に嫌われて、縁(円)が少なくなるそうです。

だから、これからはレストランで食べることにしました。

とはいえ、あまり高価でも困るので、何軒が気になるお店を見比べました。

そして、メインが選べる980円のランチセットを見つけて、そのお店に入りました。

中に入るとviageナイトブラらしきマダム達のグループが、数組入っていました。

混んでいるせいか、運ばれて来るまでに、ちょっと時間がかかりました。

でも出てきたミンチカツは、正真正銘の揚げたてで、衣がパリッとしていて、中はなめらかです。

デミグラソースみたいな、ソースがかかっていますし、メイン以外は特に何と言うこともない、庶民的なおかずばかりでしたが、品数は豊かです。

サラダとスープ、それにお惣菜が一品と一口デザートもありました。

このランチは、メニューに「コスパに自信あり」と書かれていましたが、どうかな?と思ってちょっと考えました。

ここは、ちょっとした観光地なので、私の感覚では、980円の内の200円が「観光地値段」ということで、ちょうどいい価格かな?と思います。

にぎやかに談笑していた隣の席のマダム達は、帰り際に急に批評家めいた口ぶりで、「○○円か、よかったね(美味しかったね)」と言っていました。

この一言から察するに、地元(観光地の近く)の人達と思われます。

きっと色んなお店で、グルメを楽しんでおられるのでしょう。